TAG

#のれん相続事件 #時価純資産価額 #のれん #営業権 #簿価純資産価額 #財産評価基本通達165と166 #セーフハーバールール #純資産価額方式 #配当還元方式 #類似業種比準方式 #DCF法 #ディスカウントキャッシュフロー法 #MandAの税務 #自己創設のれん #買入のれん #相続税 #贈与税

#303 のれん相続税事件を語る【2022/04/09】納税者が選択すべきは純資産価額方式? 納税者が選択した類似業種比準方式の比準要素は、配当金額、利益金額及び純資産価額の3つです。純資産価額は簿価純資産価額なので、配当還元方式と同様に、営業権(のれん)は自動的に算定されないことになります。 純資産価額方式を選択していれば、営業権(のれん)は財産評価基本通達165と166により算定され、更正処分 […]