細川健の自己紹介

 私、細川健(ほそかわ たけし)は東京国税局に国税調査官として勤務し、税理士登録前後に、縁があって青山学院大学大学院で諸井勝之助先生、山口不二夫先生、ロバート・マキロイ先生の指導を受けて営業権(のれん)とM&Aの税務をテーマに税務会計修士論文を執筆しました。そして、筑波大学大学院で著作権の使用料をテーマに租税法修士論文を執筆しました。税理士登録後、外国法事務弁護士事務所顧問税理士、外資系金融機関タックス・マネージャーを経て、研究者の道に入りました。国立・私立大学大学院で租税法・国際租税法の講義、租税法修士論文の執筆指導を担当し、その後、一度国税に戻っています。国税不服審判所で国税審判官を務めた後、再度、税理士登録しました。税理士再登録後は、外資系企業の税務アドバイザー等として活動し、休日は複数の私立大学大学院で租税法・法人税法・国際租税法を講義し、租税法修士論文の執筆指導に従事してきました。                

 研究テーマとしては、営業権(のれん)、M&A、国際税務関係及び交際費課税制度関係等で、その論文を約80本執筆執筆しています。 著書には『営業権(のれん)とM&Aの税務』(税務研究会 2000年)、『企業再編税制の実務と理論-事例研究を中心に-』(税務研究会 2001年)、『租税法修士論文の書き方』(白桃書房 2020年)がありますが、2020年3月に出版した『租税法修士論文の書き方』は売れ行きが好調で、2020年6月末にはお陰様で重版の運びになりました。

 趣味はプロレス、大相撲、猫(飼い猫はTAX、妻は洋子)、ヨガ、映画・お笑い鑑賞です。最近はビデオ制作にはまっています。ビデオでは少しづつ国際税務実務、租税法修士論文の書き方ノウハウを公開して行こうと思います。

 このHPでは、1)国際税務を軸にして業務を拡大したいと考えている税理士の方々、2)理想の税理士像が掴めない、暗中模索の税理士事務所勤務の方々を対象に有益な情報を提供しますので、ぜひ読んで欲しいと思います。